異型狭心症にならないためには

異形狭心症にならないための予防法をお伝えします。
異形狭心症にならないためには、ストレスが原因とも言われていますので、仕事と時間に余裕を作りストレスをためこまないことが必要です。
また、高コレステロールや高血圧にも気をつけ、喫煙されている方はなるべく禁煙されることをお勧めします。

異形狭心症に関わらず狭心症は時に生命の危険性も考えられますので、生活上で注意しなければなりません。
発作を起こすような運動、暴飲暴食、疲労や精神的ストレスは避け規則正しい生活を心がけてください。
また、肥満の方は減量されることをお勧めします。
上記以外で日常で行って欲しいこととしては、食事などでタンパク質を多く摂り塩辛い食事、動物性の脂肪はできるだけ避けて食事を摂るようにしてください。
狭心症の原因は冠状動脈の動脈硬化と言われていますので、動脈硬化にならないように心がけましょう。
動脈硬化は、血液中のコレステロール値が高いことや、中性脂肪が多く高脂血症、高血圧、喫煙が大きな原因なので、これらに当てはまる方は、日常生活を見直しましょう。