沖縄で狭心症や血管内皮障害を発症

沖縄に限らず、全国各地に狭心症を発症して、その症状に悩まされている方は多いです。
どうしても人は、高齢になると心臓の機能が低下していってしまいます。
心臓は、全身に血液を送り出すポンプのような役割を担っているので、その機能が低下すると体の色々な部位に障害が発生することになります。
ですから、狭心症を患ってしまうと、全身の健康を害することもあるのです。
沖縄や九州では、こうした狭心症のような心臓の病気に悩まされている人は、血管内皮障害を併発していることもあります。
血管内皮障害とは、血管の内側に障害が現れる病気で、狭心症と合併することも珍しくはありません。
それだけに、沖縄などでは、狭心症と血管内皮障害の治療を受けている患者さんもいらっしゃいます。
こういった患者さんは、基本的に血圧が高いです。
つまり、高血圧の状態が長く続いており、血管の組織にダメージが蓄積しているのです。
ですから、狭心症などの病気では、血圧をきちんとコントロールすることが大切になってきます。
もちろん、狭心症自体の治療も行っていきますが、同時に血圧を管理していかなければ、こうした病気をきちんと治すことは難しいのです。
血圧を管理するのは、結局自分自身になります。
なぜなら医師は四六時中、患者さんのそばにいてあげることはできないからです。
血圧は日常生活の様々な振舞いによって、上がっていきます。
これをコントロールできるのは、結局患者さんしかいないのです。
ですから、信頼のできる医師を見つけて、その人の言うことをきちんと守りながら、最後は自分自身で血圧が改善されるよう取り組んでいく必要があります。
そうして初めて、高血圧やその他の病気を治すことが可能なのです。